お知らせ









[10月2日2000年]
日本からのアクセス状況について

日本時間の9月29日の午前中より、Siliconpageサーバへの日本からのアクセスが不安定になり、30日も一部不安定な状況が続きました。

1.直接原因
  日米間のInternet接続の最大手の一社である Global Crossing社(以降GC社)の海底ケーブルの切断。
2.詳細
  1)日本からのトラフィック
  GC社のケーブルを用いて日本の大手ISPは日米間を接続しております。(@niftyの場合は、622Mbps)この回線が切断されたため, GC社を含む各ISPは別ルートへのトラフィック迂回処置を実施中です。(@niftyの場合、NTT経由の622Mbps回線他)この処置が完全でないため、日本からのトラフィックが米国まで届かない状況が一部で発生しました。
また、この処理をIPアドレス毎、プロトコル毎に行っているため、Webは見れるがFTPは繋がらないといったことが発生しました。
以下のスクリーンショットでは、@niftyから、Siliconapgeのサーバ www.siliconpage.com, IPアドレス 206.171.8.3 へのアクセスがglbx.net(GC社ルータ)にて停止しております。

  2)米国からのトラフィック
  米国側の大手ISPの対応が日本より遅れており、まだ、切れている回線に日本からの要求に対する応答を流している場合があります。このため、日本側ISPが迂回ルートを設定しても、日本側に応答を返せない状況も発生しました。(日本側からtracertコマンドでSiliconpageサーバへのReachabilityがあっても、日本側でWeb/FTPがTime Outや、サーバが動作していない等のエラーメッセージを受信する場合がありました。)

3.現状
  日本時間の10月1日午前中も一部のサイトからアクセスできない、また、Siliconpage側からアクセスできない等の状況が発生しておりましたが、1日の午後頃からは通常通りに戻っております。



Silicon PageのHome Pageに戻るにはここをクリックしてください。

By sales@siliconpage.com

Fujitsu Systems Business of America, Inc. Fujitsu Logo
5200 Patrick Henry Drive
Santa Clara, CA 95054
408-654-2041

© 1999-2001 Fujitsu Systems Business of America, Inc.